モノレート完全攻略

こんにちは、わーたーです。

Amazonで多種多様な商品を販売していく上で、

売れる商品を選定して仕入れていく必要があります。

その商品選定の根拠となる重要なデータを

提供してくれるのがモノレートです。

まずは、下記よりモノレートを開いてみてください。

http://mnrate.com

モノレートは面倒なインストールは不要です。

ブラウザで表示できるので、

PCでもスマホでも簡単に使用することができます。

それではモノレートの詳細について説明していきます。

モノレートの役割

モノレートとは、

Amazonに出品している商品の価格相場や

出品者の推移、Amazonランキングなどを

確認することができるサイトです。

ここで得られるデータや情報をもとに

商品を仕入れる・仕入れないか判断をしていきます。

例えばAmazonで人気のある商品を見つけた場合、

・その商品は月間でどれくらいの個数が売れているのか?

・販売価格はいくらが適正な価格なのか?

実際に仕入れるために必要な情報がたくさんあります。

この情報を知らずに仕入れをしてしまうと

見込みと実際の利益に差が生じてしまい、

大きな損失を生んでしまうケースが多々あります。

今回紹介するモノレートの見方と使い方をマスターすれば、

細かいミスを減らし、これまでよりも確実に

現金を手元に残していくことができます。

「資金」ではなく、「現金」です。

この違いについては後ほど解説するとして、

どのようにモノレートを使うのか解説していきます。

モノレートの使い方(基礎編)

モノレートは主に中央の検索窓に

・商品名

・キーワード

・JANコード

・ASIN

を打ち込んで商品をリサーチします。

正確な商品情報を知りたい場合は

ASINでの検索が一番確実です。

ASINは Amazon内の商品管理番号のようなイメージで、

商品ごとではなく、カタログごとにASINがつけられています。

たとえば、日用品や食料品で

複数個セットとして販売されている商品があります。

その場合、

・単品にはAというASIN、

・セットにはBというASIN

といった具合にASINが異なります。

JANコードについては

同じものが設定されていることが多いので

複数カタログ表示されるケースがあります。

使い分けの仕方としては

日用品や食品など、 カタログが複数ありそうな商品は

JANコードや商品名で検索して

一番利益が出る販売方法をリサーチ、

Amazonの商品ページから

その商品について知りたい場合は

ASINを使って商品を検索することで

効率的かつ最大値の利益を

生み出す習慣を身に着けましょう。

ちなみにトップページ左側に絞り込み条件が並んでいますが、

知りたい商品情報が決まっている場合は

特に触れる必要はありません。

検索対象がなく、商品情報や相場観を身につけたいなど

余裕があるときに気になる条件で見てみましょう。

モノレートの使い方(実践編)

では、実際にモノレートを使って商品を見ていきます。

画面中央上部に検索窓があります。

ここに商品名やASINを入力します。

Amazon商品ページからASINを抜き取ろうとした場合、

拡張機能を使えば商品画像付近で簡単に見つけられますが、

拡張機能を入れていない場合は、

下へスクロールしていき、

登録情報

と記載された箇所までいくと

商品の情報が記載されています。

この中にASINも含まれています。

ここにあるASINをモノレートの検索窓に入力して

グラフを見る」をクリックします。

すると商品に関する詳細な情報が出てきます。

それぞれの項目について説明します。

・コンディション

新品、カート価格、アマゾン販売を表示しています。

・最安値

コンディションごとの最安値を表示しています。

・入金

コンディションごとの最安値で売れた場合に

送料を除く手数料が引かれた額です。

・出品者数

全体の出品者数です。

若干誤差がある場合があるため 注意が必要です。

・3ヶ月の販売数(販売数/出品者数)

3ヶ月間の総販売数を

出品者数で割った数を表示しています。

さらに下へスクロールしていくとグラフが出てきます。

このグラフは期間ごとの売れ行きを表しています。

・最安値 最安値のみをグラフに表示しています。

商品によっては

中古価格が新品価格を上回っているときがあります。

もしこのときの中古価格だけをみて

中古品を仕入れた場合、

想定した利益は絶対に出ません。

なぜなら新品よりも中古のほうが

高い商品はまずありえません。

・出品者数 出品者の増減を確認できます。

価格競争が起こりそうか判断する材料となります。

極端に出品者数が増加していれば

大規模なセールが実施されている可能性が考えられ、

ライバルが多数在庫を持っているかもしれません。

その結果、在庫を少しでも早したいせどらー同士が

価格競争が起きるリスクがあります。

・ランキング 商品のランキングを表示しています。

もうひとつモノレートユーザーをみれるグラフがあります。

モノレートユーザーとは、

該当する商品をモノレート内で閲覧している人数です。

上記のグラフをみていただくと

一箇所だけ急激に増えている箇所があります。

これは一時的にメディア等で取り上げられた可能性が高く、

直後に価格競争を起こす可能性が高まります。

こうした情報をしっかりと読み取ることで

リスクを減らしていくことができます。

・販売データ さらに下へスクロールすると表があります。

これは「期間ごとの最安値」

を時系列で把握する為のデータです。

これまでに説明してきたグラフが、

数値化されてまとめられています。

まとめ

モノレートでの商品リサーチは、

Amazonで商品販売していく上で必要不可欠です。

データから需要と供給のバランスを読み取るスキルを身に付けて

リサーチの土台をしっかりと固めていきましょう。

わーたーLINE@やってます

★スマホの方は、

こちらをワンクリックすると

僕わーたーのLINE@に無料で登録できて、

僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。

登録すると、

有料級のプレゼントが無料でもらえます。

また、僕わーたーの考えや

狙い目商品情報なども配信していますので、

ぜひ登録してくださいね。

   

友だち追加

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、

こちらのIDで検索してください。

   

@jpc6163k

良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。