どんな商品を刈り取りすればいいか

Amazon刈り取りで

どういった商品を狙えば良いのかを

ポイントに分けて説明します。

1 未使用品や未開封なのに価格が安い

出品者の中には適正価格を無視して

極端な値付けをしている方がいます。

さらに本当は新品として

出品することが可能なのに

ほぼ新品で販売せざるを得ない人

(出品規制等)もいるため、

そうした出品者を狙って

リサーチすることもできます。

実店舗でも一度開封した綺麗な商品や展示品、

さらには、箱が凹んでいる商品も

新品同様の価格や

少し割引して売りに出す時もあるので、

場合によっては新品として出品して

利益を最大限出すこともできます。

ただし、新品で販売する場合は、

「訳ありコンディション」で、

箱に凹みありなど、

購入検討者に誤解を招かないように

明記してあげましょう。

※この方法は

あまり乱用しないようにしましょう。

万が一クレームにつながり、

アカウント停止になってしまう可能性も

0ではありません。

少しでも不安要素があれば

中古として出品しましょう。

2 付属品の有無

Amazon刈り取りの中で

特にオススメするのは、

中古商品の刈り取りです。

その中でもお手軽で、失敗が少ないのが

付属品が揃っている商品を狙うことです。

例えば、下の写真は

リモコンの有無で価格差が出てきます。

リモコンなしで状態が「良い」

価格は10800円

リモコンありで状態が「非常に良い」

価格は15800円

もちろん商品説明の仕方や

細かいテクニックはありますが、

付属品の有無で

これだけ差が出るのであれば

リサーチする価値は十分にあります。

購入者の視点で見れば

付属品が揃っているかいないかで

価格に大きな差があっても

揃っている方を購入してくれることがあります。

3 付属品なしの商品を安く仕入れて、付属品をヤフオクで仕入れる。

付属品が揃っていれば

価値があがると説明しました。

説明をご覧いただいている方の中には

「付属品がなければ

付け足して売れば良いのでは」

と勘付かれた方もいるかもしれません。

これは少し上級者向けの方法かもしれませんが
マスターすれば仕入れ対象商品が増え、

仕入れがしやすくなります。

積極的にトライしていきましょう。

例えば、ブルーレイレコーダーは主に

「外箱、内箱、説明書、本体、

リモコン、電源ケーブル」

で1セットになっています。

ですが、下のように

ブルーレイレコーダーにも関わらず

リモコンが付属していない場合があります。

リモコンがないブルーレイレコーダーは

とても不便ですし、

需要があるとは思えません。

こうした商品に付属しているリモコンを

ヤフオク等で購入して

付属してあげるだけで価値があがります。

欠品をヤフオクやAmazonで揃えて、コンディションをあげて、
付属品が完備されている状態で販売することができます。

また、リモコンであればヤフオクで数百円程度で購入できます。

小さな手間を加えるだけで利益率に大きな差が生まれることが多いので、
Amazon刈り取りで中古商品の刈り取りをしたことがないかたは ぜひ始めてみてください。

4 まとめ

Amazon刈り取りは電脳せどりの基礎を身につけるために一番簡単な方法です。

ただ、この方法に頼りすぎるのはよくありません。

理由としては、刈り取る商品が必ずしも良品とは限らないからです。

不良品をつかまされた場合、返品ができるとはいえ、
これが続いていけば利益が取れないだけではなく、
返品までに時間がかかるため、資金力に大きなダメージを与えかねません。

Amazon刈り取りだけではなく、電脳せどりでは様々なノウハウがあります。

刈り取りと併用して別のノウハウを駆使しつつ、店舗せどりも組み合わせながら
1つの手法にとらわれすぎないようにしましょう。

そうすることでリスクを分散でき、安定して売り上げをあげていくことができるので
しっかりと取り組んでいきましょう。



わーたーLINE@やってます

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、僕わーたーのLINE@に無料で登録できて、僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。

登録すると、有料級のプレゼントが無料でもらえます。また、僕わーたーの考えや狙い目商品情報なども配信していますので、ぜひ登録してくださいね。

   

友だち追加

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、

こちらのIDで検索してください。

   

@jpc6163k



良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。