Amazon刈り取りとは?メリット・デメリットも紹介

数多くある電脳せどりの手法の中で
「Amazon刈り取り」という手法を聞いたことがありますか?

せどりを続けている方の中には
すでに実践されている方もいるのではないでしょうか。

「Amazon刈り取り」はkeepaという拡張機能を使って
事前に設定をしておけば安く出品された瞬間に通知が来て、即座に購入できます。

ですが多くの方はkeepaを使った刈り取りを完璧には実行できていません。

なぜなら新品しか刈り取りできない
と思い込んでいる方がほとんどだからです。

実は中古商品でもkeepaを使って簡単に刈り取りができます。

Amazon刈り取りの最大のメリットは

「1ヶ月以内に理由を明記すれば返品が可能」

という点です。

つまり、電脳せどりで中古商品を扱う際の欠点である
「状態がわからない(写真ではわかりにくい傷や破損など)」
場合でも手元に届いてから商品として扱うかどうか判断できるので
リスクを最小限に抑えることができます。

刈り取りとは

刈り取りは「Amazon刈り取り」のイメージが強いですが、
需要を刈り取って、供給を適正価格に戻すという意味合いで
「需要の刈り取り」と表現されることもあります。

ひとつのジャンルで大人気のメーカーがあったとしても
そこに他社が参入してきて、需要が分散すると
独占状態ではなくなります。

この状態を打破するために同じジャンルに格安の子会社を参入させて
他社の需要を刈り取りにいきます。

このように刈り取りという表現は
経済学やビジネス用語としても用いられるので覚えておいてください。

Amazon刈り取りの特徴

Amazonで出品されている商品の価格が相場よりも安い価格であれば
その商品を刈り取って、相場が適正価格に戻るようにコントロールします。

相場が戻ったタイミングに適正価格で販売するだけで利益が出るので
面倒なリサーチ時間が不要になります。

もう少しわかりやすく説明するためにメリット、デメリットに分けて見ていきます。

Amazon刈り取りのメリット

メリットは3つあります。

・仕入れが簡単
・検品作業が不要
・返品・返金対応がしっかりしている

メリットもひとつずつ解説していきます。

仕入れが簡単

メルカリやヤフオクなど、一点ものの商品が多いものに比べて
在庫を多く抱えている出品者や
その他出品者からも同じ商品をまとめて購入できる為、
ひとつの商品を見つけることができれば仕入れ時間を大幅に短縮できます。

また、決済方法がクレジットカード、代引き、銀行振込など
ご自身の状況に応じて仕入れをすることができます。

また、取引に関してはAmazonを介して行うこともでき、
万が一トラブルが生じた場合も補償がしっかりとしているため、安心して購入できます。

プライム会員限定のお急ぎ便対応商品であれば翌日には届く為、
商品の回転も申し分ありません。

検品作業が不要

商品を販売する前に出品者が検品しているため、
ほとんどの場合、改めて検品する必要はありません。

大抵の出品者は購入後のトラブルを避けるために
商品状態については説明欄にしっかりと記載してくれていますし、
写真も掲載されている場合はより安心して購入できます。

それでもデメリットでもあげていますが、
説明とは程遠い商品状態、欠品があった場合には
速やかに返送対応をしてもらいましょう。

返品・返金対応がしっかりしている

返品・返金の対応に関して、返品に値する理由を明記していれば
ほとんど受け付けてくれます。

Amazonは購入者優先で対応してくれるため、
トラブルもほとんど巻き込まれるリスクはありません。

ただ、購入から1ヶ月が経過してしまうと
返品を受け付けることができないため、注意してください。

Amazon刈り取りのデメリット

デメリットは3つあります。

・ボロボロの状態で届く場合がある
・中身が全く別の商品になっている
・仕入れた後に値崩れが起きる可能性がある

ひとつずつ解説していきます。

ボロボロの状態で届く場合がある

これは新品の商品でも十分にありえる問題で、
「新品」として出品されているのにも関わらず
付属品が欠品していたり、電源すらも入らない商品があります。

こういった出品者は極端に価格が安いことがあります。

少しでも違和感を感じた場合、
過去にも同様の手法で販売している可能性が高いため、
出品者の評価を確認しましょう。

特に悪い評価を見て、気になる内容があれば
仕入れない方が無難です。

中身が全く別の商品になっている

状態がひどいだけではなく、全くの別商品の場合があります。

これは初めからすり替えて出品しているケースと
すり替えられた商品と気付かずに出品されているケースがあります。

初めからすり替えられている商品については先ほどお伝えした
過去の評価を確認して未然に防ぐことが可能ですが、
すり替えられた商品と気付かずに出品されているケースが一番厄介です。

画像のように出品者に悪気がなくても
商品がすり替えられてしまっていることがあります。

こうした商品を仕入れてしまった場合は出品者には申し訳ない気持ちもありますが、理由を明記して返品しましょう。

仕入れた後に値崩れが起きる可能性がある

値段が下がった商品を見つけて刈り取りをしたあと、
出品者が急増して値崩れしてしまうことがあります。

こうした商品は再販されて相場自体が下がった場合などが考えられます。

リスクを最小限に抑えるためにも
刈り取りで狙う商品は廃盤商品だけに絞って仕入れをすると良いです。

わーたーLINE@やってます

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、僕わーたーのLINE@に無料で登録できて、僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。

登録すると、有料級のプレゼントが無料でもらえます。また、僕わーたーの考えや狙い目商品情報なども配信していますので、ぜひ登録してくださいね。

   ↓

友だち追加

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、

こちらのIDで検索してください。

   ↓

@jpc6163k

良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。