【Amazon】特定商取引法と古物商許可証

どうも~!

アマ刈り職人わーたーです。

ついに僕のところにもきましたね。

Amazonからのメール。

【重要】特定商取引法及びその他の法令に基づく表示の徹底のお願い

Amazonから【重要】と入ったメールがくるとドキッとしますよね。

でもこのお知らせをスルーしたらアカウント停止は免れないので

しっかり対応していきましょう!

今回は「徹底」とついていますので、

この表示をしていない場合はアカウントが停止になる可能性が高いです!

まだの方は今のうちに設定しておきましょう。

なので今回は特定商取引法と、古物商許可証についてです。

特定商取引法とは

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

まぁ要は購入者を守るための販売者に向けた法律ですね。

その為に販売者は情報を開示する必要があるということです。

Amazonで商品を販売する際もこの表示が義務化されています。

出品者情報の表示

Amazonの出品者の情報ページに、以下の情報を表示しなければなりません。

・販売業者名:

・大口・法人出品者:登記簿上の名称

・個人出品者:戸籍上の指名または商業登記簿に記載された称号

・お問い合わせ先電話番号:消費者からの問い合わせ対応等のための電話番号

・住所:現に事業活動をしている住所(私書箱等は不可)。建物の名前や部屋番号等も正確に表示する必要があります。また、個人出品者についても、事業所の所在地を表示する必要があります。事業を行っている場所が自宅である場合でも、例外ではありません。

・運営責任者名:出品に関する義務の責任者の戸籍上の指名(法人の場合、法人を代表する権限を有する者でなくても可)

・店舗名:当サイトにおける出品者の店舗名

・許認可情報:法令上表示が義務付けられている許認可/登録/届け出の種類と許認可/登録/届け出番号

※Amazonのセラーセントラルより抜粋

記載する内容は、必ずAmazonに登録している情報と同じにします。

正確に記載するために、前もって登録内容を確認しておいた方が良いです。

では早速確認していきましょう!

登録内容を確認しよう

出品者用アカウント情報

セラーセントラルを開いたら、まず右上にある「設定」より

「出品者用アカウント情報」をクリック。

正式名称/販売業者名

「正式名称/販売業者名」をクリックし販売業者名を確認します。

個人の方は自分の氏名、会社の場合は会社名になっているはずです。

出品者のプロフィール

店舗責任者名、店舗名、事業者の住所、お問い合わせ先電話番号の項目をチェックします。

問題がなければ、これらの情報をもとに記載していきます。

もし抜けているところがあれば、記入しておいてくださいね。

「特定商取引法に関する表示」を入力していこう!

情報・ポリシー

セラーセントラルを開いたら、右上の「設定」より

「情報・ポリシー」をクリック。

出品者情報

枠の中に情報を記入していきましょう。

先ほど確認した情報と同じにして下さいね。

販売業者名(正式名称)

法人の場合は、登記されている名称。

個人の場合は、商号・屋号

店舗販売責任者名

自分の名前をフルネームで。

店舗名

セラーセントラルに登録するときに決めたショップ名。

住所

住所を番地、ビル名まで。

電話番号

お問い合わせ先電話番号。

許認可情報(該当する場合のみ)

中古品を扱っている場合は、「古物商許可証」が必要です。

これらの情報を記載することが義務付けられています。

記入が終わったら「保存」して下さいね。

以上で「特定商取引法に関する表示」は完了です!

古物商とは

古物商は、古物営業法に規定される古物を、業として売買または交換する業者・個人のことである。

※Wikipediaより抜粋

中古品を買い取って売る場合、古物商許可が必要となってくるわけですね。

じゃあ新品だけ売っていれば必要ないよね!という考えは間違いです。

お店から購入した新品商品は、中古品という扱いになります。

ですのでせどりをしている方は、

新品だろうが中古だろうが許可を取った方が良いです。

古物商申請に必要なもの

許可申請書

各都道府県の警察のホームページからダウンロードできます。

住民票

最寄りの役所で発行してもらってください。

必ず「本籍」を記載してもらうよう申請してください。

「本人のみ」の記載でよく、「続柄」も不要です。

身分証明書(身元証明書)

身分証明書と聞くと、運転免許証や保険証と勘違いされがちですが

それらの身分証明書ではありません。

あなたが破産者ではなく、かつ商売の妨げになるような精神障害を持っていないことを証明する書類です。

この身分証明書は本籍地の役所でしか発行することができません。

本籍地以外にお住まいの場合は、本籍地の役所に取り寄せ申請するか、現地まで取りに行くしかありません。

登記されていないことの証明書

各地の法務局の本局の窓口でのみ発行してもらえます。

もしくは、東京法務局へ郵送請求することでも発行してもらえます。

略歴書

各都道府県の警察のホームページからダウンロードできます。

書類内の「略歴」の部分には「直近5年間の学歴・社歴(役職)」が分かるように、簡単に記載すれば大丈夫です。

誓約書

各都道府県の警察のホームページからダウンロードできます。

誓約書には

①法人代表者・個人用

②役員用

③管理者用

の3種類あります。

あなたが「個人事業」でせどり・転売に取り組む場合は①③

「法人」でせどり・転売に取り組む場合は①②③にそれぞれ署名捺印してください。

以上の書類が最低でも必要になってきます。

古物商許可申請をしよう

必要書類が全て揃ったら、古物商許可の申請をしましょう。

念の為、警察署に行く前に電話連絡を入れ、その警察署で対応してもらえるか確認した方が良いと思います。

ちなみに申請時に、手数料19,000円が必要となります。

もし書類に不備があっても手数料は返却されないので、

しっかり警察署の担当者さんと確認して下さいね。

古物商許可証の交付

申請から40日ほどで、申請場所の警察署から許可・不許可の連絡がきます。

なのであとは気長に待ちましょう(笑)

古物商を取得するのは少し面倒ですが、

最近はAmazonの規制が厳しくなってきていますし

せどりをするうえで必要ですので

必ず取っておきましょうね!

今回は特定商取引法と古物商についてお伝えしました。

まだの方は、本当に早めに動いた方がいいと思いますよ!

事前に対策できることはしっかりやっておきましょうね。


メルマガとLINE@のご登録はコチラから

メルマガではブログには載せられない最新情報や

タイムリーな商品の情報を配信しています。

質問等ある方は、LINE@へ直接どうぞ。


クリックで応援よろしくお願いします↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから