【Amazon規約変更】メディア製品(書籍・CD・DVD)販売手数料値上げ!

どうも~!

アマ刈り職人わーたーです。

今回は、もう皆さんご存知だと思いますが、

Amazonの規約変更についてです。

変更内容は以下の2つです。

規約変更内容

1.配送料の変更が自由に設定できる。

2.メディア製品(書籍・CD・DVD)の販売手数料・カテゴリー成約料が変更。

柔軟な配送料の設定機能

(2017年10月27日より)

今までメディアの送料は、

本が257円、CD・DVDは350円一律で

購入時にお客様に請求されていました。

これを出品者が自由に決められるということですね。

販売手数料・カテゴリー成約料の変更

(2017年10月24日より)

書籍

手数料計算方法:提供開始日前

販売手数料:商品価格×15%+カテゴリー成約料60円

※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

手数料計算方法:提供開始日以降

販売手数料:(商品価格+送料)×15%+カテゴリー成約料80円

※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

CD・DVD

手数料計算方法:提供開始日前

販売手数料:商品価格×15%+カテゴリー成約料140円

※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

手数料計算方法:提供開始日以降

販売手数料:(商品価格+送料)×15%+カテゴリー成約料140円

※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

配送料も手数料に含まれる

書籍の場合だと、今まで送料には販売手数料がかからなかったので、

カテゴリー手数料の60円のみ引かれていました。

それが変更後、価格に配送料を加えた額が手数料としてAmazonから徴収されます。

どういうことかというと…

1円本を売った場合

1円+送料257円=258円の売り上げ

《変更前》

カテゴリー手数料の60円のみ引かれる

258円-60円=198円

198円の入金

《変更後》

配送料にも販売手数料がかかるので、

258円×15%=38円+カテゴリー手数料80円

258円-38円-80円=139円

139円の入金

差額59円!!

本をメインでせどりをしている方にとっては大打撃ですよね。

これを機に一度、今後について考えた方が良いですよね(´・ω・`)

今回のAmazon手数料変更のまとめ

・送料の自由化

・販売手数料の計算式の変更

・自己出品での1円出品者が消えていくかも?

僕は書籍のせどりをやっていないので今回ダメージはないのですが、

いつも突然やってくるAmazonの規約変更に備えて

いろいろ対策した方が良いですね。

ではでは。


メルマガとLINE@のご登録はコチラから

メルマガではブログには載せられない最新情報や

タイムリーな商品の情報を配信しています。

質問等ある方は、LINE@へ直接どうぞ。


クリックで応援よろしくお願いします↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから