せどりの外注化をしよう!

どうも~!

アマ刈り職人わーたーです。

以前にもせどりの組織化について記事を書きましたが、

ようやくスタッフも増えて事務所も賑やかになってきました。

以前の記事はこちらで…

仕入れる商品が増えてくると、色々やることもその分増えます。

なので、出来るだけ早めに外注化することをお勧めします!

今回はそんなせどりの外注化についてです。

せどりの外注化とは?

せどりにおける外注化出来る作業をザックリ分類すると、

・仕入れ/リサーチ

・出品/納品

以上の2つになるかと思います。

要は自分以外の人でも出来る作業を人にやってもらうことです。

これがせどりにおける外注化だと思います。

外注化のメリット

・作業を人に任せることによって、自分の時間が出来る。

・自分で作業をしなくても、気が付いたら作業が終わっている。

今まで納品に充てていた時間が空きます。

そしてその時間をリサーチに充てることができ、さらに稼ぐことができます。

外注化のデメリット

・作業を覚えてもらうのに、時間と手間とコストがかかる。

・場合によっては人間関係のトラブルが起こる。

このデメリットに関しては、どこの会社でも一緒だと思います。

ですので、外注をお願いする時は気にしなくていいと僕は思っています。

どんな外注を選べば良いのか?

一番重要なのは、「人」だと思います。

全く知らない人と働くのはハードルが高いという場合は、

まず知り合いに声をかけてみましょう。

知り合いなら、急に来なくなったり何か盗られたり、という心配もないですしね。

僕の場合は知り合いにはいなかったので、

募集をかけてみました。

そうしたら様々な年齢層やキャリアを持った方々が面接に来られました。

僕の場合は、子供が小学生にあがって自分の時間が出来た主婦や、

短時間でも何か仕事をしたい主婦、

まぁ主婦の割合が多いですね(笑)

きっちりフルタイムで働きたいという方は、せどりの外注には向かないと思います。

他にも学生さんもいますが、男性は一切雇っていません(笑)

昼間の短時間で応募してきたら、仕事が出来ない可能性が高いので。

夕方以降働きたい、という方がいればもしかしたら今後雇うかもしれませんが。

納品の細かい作業や、ずっとパソコンの前でリサーチをする作業も

女性の方が向いているかもしれませんね。

ただ、色んな方がいるので一概には言えません。

実際面接して、経歴云々ではなく、「人」を見て採用するのが良いかと思います。

いざ面接!

求人を募集し、応募してくれた人に確認する事項をまとめてみました。

作業可能時間

1週間のうち何日、1日何時間働けるのか。

家族構成

扶養控除内なのか知る為。

子供がいるかどうかも確認しておきましょう。

居住環境

出来るだけ自宅から勤務地に近い方が良いと思います。

ネット環境

普段家で使っているOS、ブラウザ等確認しましょう。

中にはブラウザって何?という方もいるので(;’∀’)

ネットショッピング経験の有無

普段利用しているネットショップも聞いてみましょう。

パソコンのスキル

どの程度パソコンを使えるのか?

普段から普通に使っている方は問題ないと思いますが、

全く触ったことがありません~という方はやめましょう。

パソコンについても一から教えるのは時間の無駄です。

このあたりを確認して、あとは転売に関して嫌悪感がないかの確認ですかね。

採用した後にするべきこと

契約書の締結は必ずしましょう。

何かあった時の為にお互いに必要になります。

あとは研修期間(マニュアルを読んでもらったり)を決めます。

外注にお願いする仕事

僕が一番最初にお願いしているのは、

商品の納品・梱包です。

これは本当に誰でも出来る作業なので、外注に任せましょう!

あとは納品と並行して商品のリサーチですね。

人によって得意分野があると思うので、

まずはその人の好きな分野の商品をリサーチしてもらうようにしています。

せどりの外注化についてザックリとまとめてみました。

最初は大変かもしれませんが、

スタッフさんが仕事を覚えてさえくれれば

自分の時間もでき、断然メリットの方が大きいです!

ぜひ外注化は進めていきましょう!


メルマガとLINE@のご登録はコチラから

メルマガではブログには載せられない最新情報や

タイムリーな商品の情報を配信しています。

質問等ある方は、LINE@へ直接どうぞ。


クリックで応援よろしくお願いします↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから