カートを獲得するには

どーも

わーたーです。

今日は前回のカートの話からのつづきです

カートがどんなものなのかは分かったけど

カートの獲得はどうすればいいの?

みんな獲得できるものなの?

カートの獲得には何個か条件があります。

その条件を満たせば、獲得できるようになります

ということで

まずは、カートの獲得資格について

アマゾン公式のヘルプを見ると

ショッピングカートボックス獲得資格は、

一定のパフォーマンスを到達している大口出品者に付与される資格」

と書いてあります。

最初のポイントは大口出品者であること。

大口出品者でなければ、カートを獲得することはできません。

そして「『一定のパフォーマンス』を到達している」とありますね

これについては「ショッピングカートボックス取得資格の要件」を見てみましょう

・注文不良率

・その他の出品者のパフォーマンスの指標

・商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般。

・Amazon.co.jpで出品している期間と取引の数

・「大口出品」であるかどうか

とあります。

最後の「大口出品であるかどうか」は文字通りなので飛ばしますね

残り4つを詳しく見ていきましょう。

まず「注文不良率

購入者からの低評価がついたり、Amazonマーケットプレイス保証やチャージバックの申請があるとその注文は「不良」となります。

特定の期間で全体の注文数のうち「不良」注文がどのくらいあったか

ということ示す割合になります

次に「その他の出品者のパフォーマンスの指標

これはカテゴリーごとに違ったり、将来的に変更される可能性があるので、アマゾンは詳細を公表してません

なので、これはスルーします(^-^;

そして「商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般

商品と一緒に提供されるサービス全般のことです。

配送スピード、配送方法、価格、FBAの利用によるものも含む年中無休のカスタマーサービスなどなど…ですね

ラストは「Amazon.co.jpで出品している期間と取引の数

より長い期間、より多くの取引で上記のことを満たしていることが大切です

短期間ならだれでもできるので、一つ一つコツコツ継続するのがポイントですね

こんな感じの条件をなるべく満たすようにしていくとカートを獲得することができるようになります。

どんなポイントがあるのか、

どんなことに気を付けるといいのか、なんとなくわかりましたか?

この資格は取得しても別に、追加で手数料が発生することはないです。

でも、より効率よく商品を売るためにはとても重要。

カートの獲得資格を維持するために、地道に頑張りましょう

今回参考にしたアマゾン公式のリンクです

一緒にチェックしておくとよりいいと思います


ショッピングカートボックスの獲得

出品者パフォーマンスの指標

注文不良率


次回は、カートを獲得するチャンスをより広げるために

どんなことに注意すべきか

ポイントをあげていこうと思います

LINE@、twitter、facebook更新中です

ブログと一緒に、ぜひ、チェックしてみてください

LINE@登録はこちら↓↓

ではでは

良ければシェアして下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはコチラから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。